März 2013

「幻想ラディカリズム」

期間:3月2日(土)〜23日(土)

ヴェルニサージュ:3月2日(土) 19時〜

日本を代表する詩人・劇作家である寺山修司(1935-1983)の没後30年を記念し、ドイツではまだ知られていない寺山作品のドイツ語翻訳に情熱を傾けた岡田実(1949-2008)の翻訳、そして岡田の翻訳を通して知った寺山作品にインスピレーションを得たマルティーナ・カルベのアート作品を発表します。

ヴェルニサージュでは、寺山修司をポーランドの演劇祭に招待したアーティスト、ヤヌシュ・パーツ=ポマルナツキに、30年前の記憶を辿って話をしていただきます。

関連イベント

  • 講演会「翻訳の視点」 3月15日19時〜 岡田実のドイツ語翻訳を校正したハイケ・パチュケ ケルン大学教授による
  • コンサート/ダンス「田園にしゃがむバッハ#5」  3月20日19時〜
コンサート/チェンバロ、フルート
新谷要一、新谷久子
日時 :3月8日(金) 19時〜
入場料:10ユーロ
プログラム
  1. C.P.E.Bach:Hamburger Sonate fuer Floete und B.C.
  2. F.Benda:Sonate fuer Floete und B.C. e-moll
  3. J.S.Bach:Partita Nr.4 fuer Cembalo D-dur
  4. M.Moroi: Partita fuer Floete Solo
  5. J.S.Bach: Sonate fuer Floete und B.C. E-dur

講演会 Dr. ハイケ・パチュケ(翻訳家・ケルン大学講師)  

日時 :3月15日(金) 19時〜

入場料:無料

寺山修司作品「時には母のない子のように」の翻訳校正の経験を例に、文学作品の翻訳についてさまざま視点から話をして頂きます。

共催:ケルン独日協会

Nächste »