Oktober 2011

フランツ・リスト生誕200周年記念コンサート

「森へ!」―リストとシューベルトの対照の妙


日時  10月2日日曜日  20:00
入場料 10ユーロ


森には静寂と喜びがある。

作曲家たちがインスピレーションを得た場所でもある。

森に潜む音楽のイメージとは。


プログラム

1.シューベルト 「楽興の時」Op.94 D780

2.リスト    「ウィーンの夜会」(シューベルト原曲)より「ワルツ・カプリース」第6番イ長調/第7番イ長調

3.リスト    「ソナタ ロ短調」


「声の力」


日時  10月3日月曜日 19:00

入場料 10ユーロ


人形浄瑠璃文楽では、三味線の伴奏に合せた太夫(浄瑠璃語り)の語りが重要です。

豊澤富助(三味線)、靖太夫豊竹(太夫)他で構成される「詁傳 (こでん) の会」が文楽の著名作品から一場面を披露します。


チケットのご予約はこちら

「色彩の畝」展

開催期間  10月7日〜29日

ヴェルニサージュ 10月7日金曜日 19:00〜


彼の絵はおそらく、過剰な視覚の刺激にさらされた我々の眼に対する禁断療法として考えられたのだろう。

風景、植物、そして人の姿。

色の中に刻まれた畝間に、日本の禅庭園の禁欲的な落ち着きのようなものが与えられている。

Nächste »